2010年07月16日

夏の日のソーダ

こんにちは!チームビルディングでお馴染のコーチング・ジャパンの伊藤です!

先日、仕事をしながら、コーラを飲みました。
ペットボトルから直接、ではなくて、グラスにそそいで。

グラスで炭酸を飲むとき、いつも思い出すことがありますぴかぴか(新しい)

子供のころ、田舎の叔父の家に遊びにいったとき。
暑い中、遊び疲れて、お家に戻ると、叔父が、
「ソーダ飲むかい?」

飲む!という私と妹を、大きなテーブルの前に座らせて、氷が一杯のグラスを持ってきてくれた叔父。

「グラスに口をつけて、待ってごらん」
「?」

私と妹は言われたとおりに、グラスに口をつけて。
そこに叔父が、並々とソーダをそそぐと―。

「うわあ!」

はじける炭酸が、顔にかかって、涼しくて、甘い香りがしてぴかぴか(新しい)
遊び疲れていた体が、一気にリフレッシュるんるん

なんて、楽しい飲み方だろう、と思いました。

大人になった今、外でそういう飲み方はなかなかしませんが、グラスで炭酸を飲むたびに密かに思い出しています。

考えてみれば、この思い出があるから、僕は一生、ソーダとグラスで、楽しさを感じることができるのだろうなあ。

本当にささやかな楽しさですが、子供の頃って、そんなささやかな楽しみで生活があふれていたと思うし、その思い出が、大人の自分に楽しさを与え続けてくれている。

そんなことを、職場でコーラを飲みながら思いました。



posted by コーチングジャパン at 09:16| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。